中高年の就職探し|就活戦略

*

中高年の転職希望者の履歴書の注意点とは・・・?!

   

履歴書書き方

 手書きがいいのか?それともパソコンで作成するほうがいいのか?!迷う中高年の転職希望者もいるでしょう。できれば手書きのほうがよいようです。

 というのは経験豊富な採用担当であれば、手書きにすることで、字を見ただけで転職希望者の人となりをだいたい把握するといわれているからです。

志望動機欄は空白で提出をしないこと

 採用担当は志望動機欄を必ずチェックしますからここをスカスカ空白で提出をするとやる気が全く感じられない転職希望者になってしまいます。

 求人広告を今一度読み直して、企業が求める人材像を把握しながら頑張って欄いっぱいに埋めるほうがよいでしょう。なぜ応募企業に入社したいのか?!採用担当が理解できるように書くこと。

履歴書とフォーマットの注意点

 中高年の転職希望者の場合、フォーマットが新卒用であった場合はすぐに採用担当に不採用にされることもありえます。

 履歴書は求職者の年代によってフォーマットが異なるものですから、手に入りにくければインターネットからダウンロードすることもできます。新卒用のように「好きだった学科」や「入っていたクラブ」の欄は不要です。

【関連記事】
中高年の職務経歴書の見られるポイントとは
中高年の転職希望者が応募書類で悩みがちなポイントとは?!

 - 応募書類

  関連記事

中高年の職務経歴書の見られるポイントとは

職務経歴書書き方  履歴書と異なり職務経歴書は比較的自由に書くことができる書類で …

中高年の転職希望者が応募書類で悩みがちなポイントとは?!

履歴書と職務経歴書の違い  履歴書は個人の歴史をわかりやすく第三者に伝えるもので …