中高年の就職探し|就活戦略

*

中高年の転職希望者なら円満退職しよう!

      2016/01/14

退社理由について

 転職先が内定したら上司に辞めると伝えますが、その際に「退職する理由」を聞かれることがあります。しかし「一身上の都合」以上のことを言わないほうが無難です。

 会社はあなたを引き留めるために、あなたの不満点を改善をしたり、辞めさせないための嫌がらせに走る可能性もあります。転職先は決まっているのですから、過度の引き留めは迷惑ですし、入社日がずれると内定を取り消されるかもしれません。トラブルは極力回避します。

退社挨拶

 退職を発表するのは会社の仕事ですが、会社が退職を公表するためには、まずあなたが退職届を書いてそれが受理されなければいけません。自分から同僚などに「会社を辞めることになった」と言わないのがマナーです。

 会社が公表してから、社内のお世話になった人に「今度一身上の都合で辞めることになりました」と挨拶しましょう。

円満退職の流れ

 円満退職するためには引き継ぎ作業もしっかり責任をもって完了させましょう。IT化が進んでいるので、引き継ぎにはかつてほど時間も手間もかかりませんが、それでもお世話になった会社に対してせめて有終の美を飾りたいものです。

【関連記事】
中高年の転職と必要な入社手続きとは?!
中高年の転職希望者と退社手続きの流れ
試用期間の役割とルールはどうなっている?

 - 退職・入社

  関連記事

中高年の転職希望者と退社手続きの流れ

「退職届」を出そう  転職先が内定したら直属の上司に申し出て、退職届を書いて提出 …

中高年の転職と必要な入社手続きとは?!

転職先に提出する書類を準備しよう  内定の連絡が電話や書面できたら、電話であって …

試用期間の役割とルールはどうなっている?

試用期間の大まかな役割は?  制度というものには、役割があります。法律で定められ …