中高年の就職探し|就活戦略

*

中高年の転職希望者ならこういう面接対策を

   

回答内容だけじゃダメ?!

 中高年の転職希望者なら採用担当に好感を持つことが大事です。採用担当もそういう応募者には好感を持ちます。人間関係は「鏡」です。

 回答内容がいくらしっかりしていても腹の中では“嫌い”と思っている相手とうまく波長が合うことは珍しいです。

「表情」「姿勢」「抑揚」

 採用担当の前では元気のよい明るい挨拶や発言ができることが望ましいです。日頃から意欲の感じられる明るい話し方を工夫するとよいでしょう。

 「失礼します」と面接室に入ってきたときの声の抑揚で、採用担当はだいたい当落の見当をつけるともいわれます。最初に受けた印象は非常に大きいので注意しましょう。語尾があいまいですと自信がない人のように思われます。しかし早口すぎるのもNG。

自分が理想的な働き方をしているというイメージトレーニングを

 よい人間関係で自分がいまよりずっと輝いていて、楽しく働いているところをイメージしてみましょう。そういうイメージを強固に持ち続けることによってそういう自分を作っていくことができます。

 採用担当がとっつきにくそうな相手でもなるべく好感を持つように努力しましょう。

【関連記事】
中高年の転職希望者と面接のマナー
中高年の転職希望者が面接でやってしまいがちな失敗例

 - 面接の準備

  関連記事

中高年の転職希望者が面接でやってしまいがちな失敗例

応募企業の自社サイトさえ読んでいない  転職の面接とはいうなれば男女のお見合いみ …

no image
就職する時に面接で確認しておくべきこと

実際、役に立てるのかどうか    年齢的なものもあるでしょうし、就職ということも …

中高年の転職希望者と面接のマナー

ビジネスマナーがためされる場だと心得よう  最寄りの駅に降り立った時から面接はス …