中高年の就職探し|就活戦略

*

中高年の転職希望者とハローワーク

      2015/10/06

無料就職セミナーを受けるメリット

 各地の労働局では無料就職セミナーを年中実施しています。4~6回くらいで単発で予約なしで受講することができるし、外部からきた就職支援の講師の先生から、最新の転職市場に関するアドバイスを受けることも可能です。

 業界動向や転職市場における最新情報もアップデートできますので積極的に参加しましょう。

合同就職面接会へ行ってみよう

 ハローワークから年間1~2回は中高年の転職希望者向けの合同面接会を実施しています。広いアリーナにたくさんの企業のブースができるので、半日あれば3社くらいはゆうに回ることができます。

 中高年の転職希望者の場合は、とにかくたくさんの数の会社を受けないと内定しないので大いに利用しましょう。

「有効求人倍率」をチェックしよう

 労働局のサイトを閲覧すると、その地域の「有効求人倍率」が毎月更新されています。自分の志望職種が固まっていない人は、有効求人倍率を見て、”自分にも抵抗のない仕事”のうちで、人気が低い職種を選ぶという手もあります。

 人気職種はどうしても人が集中しますので、倍率を見ながら転職活動の計画を練ることもアリです。

【関連記事】
中高年の転職希望者が活用している求人情報媒体とは?!
中高年の転職希望者なら転職エージェントに登録をしよう
正規雇用と非正規雇用の区別はどこにあるのか

 - 求人情報

  関連記事

正規雇用と非正規雇用の区別はどこにあるのか

正規と非正規はどこで区別されるのか  正規雇用と非正規雇用はハッキリと分かれては …

中高年の転職希望者なら転職エージェントに登録をしよう

転職サイトから転職エージェントに登録をしよう  大きく分けて転職サイトには①自分 …

中高年の転職希望者が活用している求人情報媒体とは?!

中高年の2割強が「親戚知人のコネ」で仕事を見つけている!  国の大規模な調査によ …