中高年の就職探し|就活戦略

*

中高年の転職希望者が活用している求人情報媒体とは?!

      2015/10/06

中高年の2割強が「親戚知人のコネ」で仕事を見つけている!

 国の大規模な調査によると、転職に実際に成功した中高年のうち2割強はなんとコネで転職先を見つけているそうです。

 別に知人や親せきのコネをフル活用することは悪いことではなく、会社にも求職者にもメリットがあるので使えそうな人脈があればなるべく仕事を紹介してもらえるように声をかけておきましょう。

「人材銀行」は非公開求人の宝庫

 全国6拠点しかありませんが、「人材銀行」はホワイトカラーのエグゼグティブの転職を支援するための国の機関です。

 求職者側は無料で利用登録できますが、相応のキャリアや専門的なスキルがなければなかなかこれぞ!というような案件は、紹介されないかもしれません。

業界専門誌は一石三鳥!の最強ツール

 志望業界が決まっている人はできるだけ業界専門誌を年間定期購読しましょう。業界の最新情報を毎月読んでいるだけでも他の求職者に差をつけることができますし、雑誌1冊を読めば企業研究もできます。

 毎回人を募集している記事はどこかにあるものですし、ネットで求人している情報もつかむことができます。

【関連記事】
中高年の転職希望者とハローワーク
中高年の転職希望者なら転職エージェントに登録をしよう
正規雇用と非正規雇用の区別はどこにあるのか

 - 求人情報

  関連記事

中高年の転職希望者とハローワーク

無料就職セミナーを受けるメリット  各地の労働局では無料就職セミナーを年中実施し …

中高年の転職希望者なら転職エージェントに登録をしよう

転職サイトから転職エージェントに登録をしよう  大きく分けて転職サイトには①自分 …

正規雇用と非正規雇用の区別はどこにあるのか

正規と非正規はどこで区別されるのか  正規雇用と非正規雇用はハッキリと分かれては …