中高年の就職探し|就活戦略

*

中高年の転職と必要な入社手続きとは?!

      2016/01/14

転職先に提出する書類を準備しよう

 内定の連絡が電話や書面できたら、電話であっても入社の同意を求められるので、同意すれば受諾したとみなされます。

 会社は新しく人を雇うと、法律の定めるところに従い、労働者を社会保険に加入させる義務があります。年金手帳や雇用保険被保険者証は前の職場を辞める際に受け取っているはずですからそれをそのまま提出するようになります。

 手元に見当たらない場合は、役所で再発行手続きを取りましょう。

雇用契約書をしっかり確認しよう

 自分が働く条件が書面にまとめてあるのが雇用契約書ですからしっかり確認し、不明点がないようにしておきましょう。

 注意すべきは給与面。歩合給の会社の場合は、その給与額の計算方法もきちんと記載してあるかどうか?!チェックしてみましょう。書面でもらえない場合は確認をすること。

入社チェックポイント

 転職活動をしているときにお世話になった相手には挨拶状を送ります。面接をしてもらった採用担当にはご縁のなかった会社も含め全員に挨拶状を送っておくとよいと言われます。

 あと入社日は会社側と話し合って余裕をもって決めましょう。引き継ぎ作業などがあるとどうしてもすぐに入社するわけにはいきません。

【関連記事】
中高年の転職希望者なら円満退職しよう!
中高年の転職希望者と退社手続きの流れ
試用期間の役割とルールはどうなっている?

 - 退職・入社

  関連記事

試用期間の役割とルールはどうなっている?

試用期間の大まかな役割は?  制度というものには、役割があります。法律で定められ …

中高年の転職希望者なら円満退職しよう!

退社理由について  転職先が内定したら上司に辞めると伝えますが、その際に「退職す …

中高年の転職希望者と退社手続きの流れ

「退職届」を出そう  転職先が内定したら直属の上司に申し出て、退職届を書いて提出 …