中高年の就職探し|就活戦略

*

中高年の職務経歴書の見られるポイントとは

   

職務経歴書書き方

 履歴書と異なり職務経歴書は比較的自由に書くことができる書類です。必ずパソコンで作成するようにします。A4で2枚くらいの分量がベストでしょう。

 どのようなスタイルの職務経歴書であっても、①過去の職歴、②過去に達成した実績、③入社してからの抱負、④自己PRという4つの要素は入れるようになります。

自己PR

 志望動機と同様に自己PRは職務経歴書に書く人も書かない人もいますが、職歴だけだと採用担当に伝わりにくいなら、あなたの価値を理解してもらうために書く方がよいでしょう。

 入社してから使えそうなスキルをわかりやすく列挙すれば採用担当はあなた自身に興味を持つことでしょう。過去に経験した仕事内容を要約し、そして自分ができることを記載します。

職務経歴書 フォーマット

 転職回数が異様に多い人、中高年の転職希望者で10回以上転職をしている人などは、普通の時系列ではなく、キャリア式やフリースタイル式の職務経歴書を作成するとよいでしょう。

 自分が経験したことのある仕事内容を2~3に大別し、その通算の年数を書くことで、転職回数が多い印象を和らげることができます。

【関連記事】
中高年の転職希望者の履歴書の注意点とは・・・?!
中高年の転職希望者が応募書類で悩みがちなポイントとは?!

 - 応募書類

  関連記事

中高年の転職希望者の履歴書の注意点とは・・・?!

履歴書書き方  手書きがいいのか?それともパソコンで作成するほうがいいのか?!迷 …

中高年の転職希望者が応募書類で悩みがちなポイントとは?!

履歴書と職務経歴書の違い  履歴書は個人の歴史をわかりやすく第三者に伝えるもので …