中高年の就職探し|就活戦略

*

中高年が転職するための5つの流れ

 昔に比べれば中高年であっても転職できるチャンスは十分にあります。

 しかしそれでも企業側としては大抵若くて将来のある世代の方を優先したいと思うため、チャンスはあれど状況としてはそこまで簡単なものではありません。

 中高年には中高年なりに若い世代にはない強みがあるためそれを生かして転職活動をする必要があります。
 

自分の強みを再確認

 まずは改めて自分の強みが何かを再確認しておきましょう。その上でそれがどう仕事に有利に働くかも把握しておく必要があります。

 中高年の強みは仕事の経験と得られた技術が主ですが、中には技術や経験だけでは語れないものも手に入れている場合があります。それを含めて分析していきましょう。

【参考記事】
転職の目的をつかもう!
中高年の転職希望者に必要な計画とは…?!
中高年の転職希望者がスムーズに職を変わるためには
あなたが就職するまでにかかる期間はどれくらい?それを知るための知識と期間短縮のコツ
日常の生活と運動と食から、社会人に必須の体調管理・健康法をピックアップ!
 

企業が求めている人物像を分析

 求人情報を見ていくのであれば、企業がどういう人間を求めているかを分析する必要があります。

 求人情報だけからでは見抜けない場合もあるため、その場合には企業自体の情報も調べていく必要があります。

 中高年のような経験者を求めているか、求めているのであればどのような人物を求めているかを分析してみましょう。

【参考記事】
中高年の転職希望者が活用している求人情報媒体とは?!
中高年の転職希望者とハローワーク
中高年の転職希望者なら転職エージェントに登録をしよう
正規雇用と非正規雇用の区別はどこにあるのか

 

応募書類でのアピール

 履歴書と職務経歴書のどちらもの応募書類も存分に自分が持っているものをアピールするように作成しましょう。

 アピール自体はどちらも見る側に伝わらなければ意味がありません。具体的なエピソードを記述したり、単語や数字を書いて視覚的に理解しやすいように工夫をしていきましょう。
 

【参考記事】
中高年の転職希望者の履歴書の注意点とは・・・?!
中高年の職務経歴書の見られるポイントとは
中高年の転職希望者が応募書類で悩みがちなポイントとは?!

面接は前向きな意欲が重要

 どう自分をアピールするかが重要になりますが、それ以上に前向きな意欲を見せられるかどうかかが重要となります。

 過去に囚われていて前を見ていない人間は採用されないため、過去の栄光は捨てて、前向きに新しい気持ちでスタートできるようなアピールをしましょう。
 

【参考記事】
中高年の転職希望者と面接のマナー
中高年の転職希望者ならこういう面接対策を
中高年の転職希望者が面接でやってしまいがちな失敗例

退職と入社の手続き

 退職も入社もどちらも手続きのことを考える必要があり、人によっては退職前の作業量は多いものになるでしょう。

 前の企業と話し合って退職日を決めることになりますが、転職先の入社日のことも考えなければいけないためにどちらの企業とも話し合って調整していきましょう。

【参考記事】
中高年の転職希望者なら円満退職しよう!
中高年の転職と必要な入社手続きとは?!
中高年の転職希望者と退社手続きの流れ
試用期間の役割とルールはどうなっている?

公開日:
最終更新日:2016/01/14