中高年の就職探し|就活戦略

*

中高年でスムーズに就職活動を行う方法

1 具体的な事を良く考えてみる

 一般的に45歳~定年退職までの年齢が、中高年と言われる年代です。最近の中高年の方は、一昔前に比べて随分元気な人が多いことから、若者よりも働く意欲が高いと評価される事もあります。ですが、会社側の事情で自分はまだ働きたいのに離職に追い込まれたり、早期退職を申し出たという方々が、中高年で就職活動をしている人達も多いのが現状です。

 そんな中で、これから就職をしようと考えている方は、何故今自分は再就職を求めているのか、という「現状」を把握していますでしょうか。自分の技術力を生かしたい、まだリタイアするのには若すぎるというやる気に満ち溢れているから、不景気だから、まだ子供が学生だから、親の介護、年金が少ないだろうからなどの経済的理由など、一人ひとり違った理由があるかと思います。まずは、自分の置かれている現状を把握すること、そして中高年だからこそ、自分や家族の健康状態について考えて、あとどれくらい仕事をしたいのかなど、具体的な事を考えてみましょう。

2 豊富な経験

 中高年が就職で有利な点は、「経験」です。人生経験は豊富ですし、これまでの長い間、社会人として困難に立ち向かってきた経験など、若い人たちの中でどんなに苦労をしている人でも、時間を積み重ねなければ分からないものがあります。今までどのような経験をしてきたのか、そしてその中でどのような技術や能力を得たのか、これからの仕事で行かせることは何かあるのか、少しリラックスしながら振り返ってみると見えてくるものがあるはずです。

3 経験豊富で周りとの協調性が保てる人材

 中高年を採用したいという企業は多く存在しています。会社が若い人ではなく、経験豊富な中高年を取るメリットは、即戦力として働いてもらう為には、たいへん重要な人材となりうるからです。ただし、企業から見ればどんな中高年でもいいというわけではありません。もちろん、それなりの条件と言うものが存在しています。会社が求めている技術力を持ち合わせているか、社風やカラーがマッチするかと言う事はもちろんですが、中高年だからこそ気にするのは、周りとの協調性です。

 まれに、社会人としての月日が長い中高年だからこそ、自分の今までの経験や、プライドが邪魔をしてしまい、中々新しい職場になじむことができないという人がいます。会社として、周りと協力をしようとせず、自分の事だけを考えている人材はどんなに能力が高くても必要とはしてくれません。

 新しい仕事に就けば、自分よりもずっと若い人が、先輩として仕事を教えてくることもあるかもしれません。面接官が30代や40代の若い世代であることも少なくありません。ですので、業務中も周りに気持ちが良く接することができない人材は、会社側が採用することは無いに等しいので、就職や転職をスムーズにできた成功者の共通点としては、面接の際も大らかな気持ちで協調性を保つことができる方が比較的多いようです。

4 スムーズに就職活動を進められる

 世の中に出回っている求人雑誌やハローワークなどの求人には、中高年を募集している求人はそんなに多くはありません。なかでも、お給料や勤務日数、労働時間などが優れている「好条件」の求人は、すぐに枠がいっぱいになってしまいます。

 その中で、見事就職先を見つけるためには、いち早く情報を手に入れることがカギとなります。ハローワークや新聞の折り込み広告で求人情報を見つけたときには、既にほかの人がポジションについてしまっているという事もよくあります。ですので、リアルタイムで動いている求人情報サイトはスムーズに就職活動を進められるのでお勧めです。

5 数多くの求人数があるのでスムーズに就職活動が行える

「ハローワークや求人雑誌には中高年の求人は少ないが、就職・転職サイトは数多くの求人数がありスムーズに就職活動を行うことができた」

 転職サイトの使用方法では「中高年」「経験者」などのキーワードを使って検索をかければ、すぐに絞り出すことが可能となっていますので時間短縮をすることもできます。ですので、転職サイトを使えば、自分が探している求人を簡単に絞り込めるのはとても魅力です。

「中高年で転職をするのは、正直半ばあきらめていました。もう正社員になることはできないかもしれないと覚悟をしていましたが、就職・転職サイトで調べてみたら沢山の求人があってビックリしました。就職成功者のノウハウや成功の秘訣が充実していて普段聞くことが出来ないような生の声を聴くことができてうれしかったです。就職活動、これからの仕事を頑張ろうという気持ちになれました。」

 就職サイトには、他の求人媒体とは比べられないくらい若い人だけではなく中高年向けの求人が沢山有ります。また、実際の転職成功者の生の声や裏技のようなノウハウなど、転職活動になくてはならない情報収集ができるのは就職サイトならではです。まだ有料の求人雑誌などで就職活動をされている方は、ぜひ就職・転職サイトを利用されてみてはいかがでしょうか。

6 持っている能力を積極的にアピールしましょう

 中高年で就職するのは必ずしも難しい事ではありません。やはり社会人としては、比較的長い時間を過ごしてきた年代でありますので、皆さん何かしら誇れる物をもっているはずです。中高年になってから仕事を探さなければならない立場に置かれた今、「自分には何もない」と肩を落としてしまう人も中にはいらっしゃるかもしれませんが、社会人として、人間として、周りの就職活動者よりも多く生きてきているからこそ、自分が持っている能力がある意味当たり前と感じてしまっている可能性があります。

 この年齢なのだから、できるのが当たり前だなど思ってしまわずに、目に見える資格や経歴だけが、周りにアピールできるすべてではありません。これまでの人生の中で培ってきた経験や、前職で得た技術力などがあれば活かしましょう。まずは、自分を分かってもらうことが大切ですので、中高年の方だからこそ、自分自身についてアピールをし、しっかりと面接で分かってもらうことが成功の秘訣と言えるでしょう。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
・転職活動の幅がグッと広がるサービス満載!
・スカウト機能が嬉しい!
・職務経歴簡単作成ツールが使いやすい!

公開日:
最終更新日:2015/04/07